似ている英語・よくある間違い

very, really, so, too, etc.|強意語の使い分け,ニュアンスの違い

「とても」と強調したい時に使う英語表現は、very, so, really, too, super など他にも色々ありますが、実はそれぞれニュアンスや使える場面が違うので、正しい使い方を知った上で使い分ける事ができるようにしておきたいですね。
タイトルとURLをコピーしました